あのラーメン、メンマ多過ぎ。

適当に…趣味の創作活動、面白いコンテンツやガジェット、美味しい菓子、など。ブログタイトルはあまり関係ありません。

2019年ふりかえり、買って良かった3選など

気付いたら年末。ブログ半年ぶり。とりあえず生きてます。

今年も色々ありました。お世話になった方々、ありがとうございます。

買って良かったものと、作ったものを、振り返って書いてみます。

 

買って良かったもの3選

1. スパイダーマン:スパイダーバースのBD&DVD

映画館でも観ましたが、BD&DVDも買いました。

子供から大人まで楽しめる内容になってますし、

センスやクオリティが凄くて、CGのエンジニアやデザイナーも驚きそう。

まだ観てない人は是非。ちなみに公式サイトはこちら。

 

2. くみくみスロープ

子供へのプレゼントのつもりだったけど、自分がハマりました。

ピタゴラスイッチ的な物が好きな人は是非。公式サイトはこちら。

 

3. SwitchBot

上記投稿は笑えた失敗例ですが、適切に使えば便利なIoTグッズです。

お使いの家電が、スマホ等で制御できます。色々と応用が効きます。

いわゆるスマートホームに憧れる方へ是非。公式サイトはこちら。 

 

 

趣味で作ったもの

まずは【Seekable Mirror】(鏡とジャンケンして勝つ)です。

f:id:ryota3da:20190519131355j:plain

元々は、鏡とジャンケンして勝つことを目的に作ってました。

タッチスクロールによって、鏡(フロントカメラ映像)の中の時間を操れます。

鏡を巻き戻して、過去の自身に勝つ、と。紹介動画も張っておきます。

ちなみにウェブアプリ版も公開してます。お手持ちのスマホなどでも使えます。

お出かけ前に後ろ姿の確認にも使えますので、良かったら活用してみてください。

ウェブアプリはこちらから。

 

実は、ディープラーニングを活用したネタもあったのですが、

良い感じの完成度にならなかったので、一旦ボツにしました。残念。

 

また来年も何か作って公開展示します。宜しくお願いします。

5分で分かる(気になれる)機械学習

はじめに

こんにちわ。最近は趣味で機械学習に手を出しています。
出来れば今年中に、何か活用した物を作る予定です。

 

その前に自分の整理も兼ねて、概要や便利情報を書いてみます。
前半は、機械学習ディープラーニングの概要で、
後半は、とりあえず開発着手したい方向けの情報を少々です。

 

機械学習(マシンラーニング)とは

まず機械学習(マシンラーニング)について、機械学習 - Wikipediaを引用すると、
「人間が持つ学習にあたる仕組みを機械(特にコンピュータ)で実現する技術・手法の総称」との事。

 

代表的な手法(アルゴリズム)としては、
・回帰分析(教師あり学習
・K-means(教師なし学習
モンテカルロ法強化学習
などがあります。

 

各詳細は省きますが、ザックリ書くと、
与えられたデータや試行錯誤を元にして、
明日の天気を予想したり、
「これを買う人はこれも買います」を提示したり、
ボードゲームで好手を模索したり、
などを可能にします。

f:id:ryota3da:20190616111415p:plain

機械学習(マシンラーニング Machine Learning)のイメージ

 

深層学習(ディープラーニング)について

続いて、深層学習(ディープラーニング)について。
これも機械学習の一種で、人間の神経回路を模倣したアルゴリズムです。

 

これを使えば、(幾らか語弊はありますが、)
データを特徴量に変換して扱わなくても対応可能です。
例えば、「リンゴ/ミカン/バナナなどの画像」を覚えさせた上で、
「ある画像はどれに該当するか」判別させようとした場合で考えてみます。

 

従来だと、画像を「代表色」や「形状」などの特徴量に変換して扱うことが多いです。
各画像の特徴を学習させた上で、判別したい画像に対しても特徴を元に
学習内容から近しい結果を提示します。「赤くて丸いならリンゴ」など。
言い換えると「この特徴に注目して判別すると良いよ」と人間がヒントを与えてます。

 

ディープラーニングだと、与えられたデータの何を重視して判別すべきか、
その判断自体も機械へ任せることが可能となります。
なので「どこに注目して判断したら良いか見当がつかない」場合でも有効
に働くことがあります。

f:id:ryota3da:20190616114623p:plain

従来の判別と深層学習(ディープラーニング Deep Learning)を使った場合の比較

それだけ聞くと「ただただ便利で凄そう!」ですが、欠点もあります。

 

やること次第ではあるものの、一般的に精度を出そうとすると、
学習にデータが大量に必要&その処理時間も相応に掛かります。

 

また、何を基準に判別してるのか人間にとって実質的にブラックボックスなので、
問題が起こった際の原因究明や改善対応は、困難な場合も多いです。

 

なので、やりたいことや準備できる環境などに合わせて、やり方は適宜検討で。

 

もっと良い資料の紹介

ここではザックリしか触れてませんが、
しっかり把握したい方は、書籍や他サイトを読まれることをお勧めします。

 

ちなみに以下資料は、無料公開されながらも丁寧にまとめられてます。
(今回の件だと3-5あたり)

 

とりあえず開発したい人向け

特にこだわりがなければ、Pythonプログラミング言語)で作るのが良さそうです。
無料で導入できる&簡素で分かりやすい記述が可能と言われてますし、何よりも
Python機械学習に関する情報が多いし、便利なライブラリ群も充実しているので。
特にscikit-learnが、Pyhonの機械学習ライブラリとして有名なようです。

 

※色々書きつつ実のところ、僕はPythonをあまり触ってないです。ごめんなさい。
 C++JavaScriptを扱うことが多いですし、ちょっとした機械学習なら、
 それらでやりたいことに合わせて、適宜自前実装して良いやと思ってます。

 

ちなみにディープラーニングにおいては、TensorFlowが有名です。
Googleが開発したライブラリであり、Pythonの他、JavaScriptC++等でも扱えます。
これがデファクトスタンダードになりそうな感じもしますが、
他にも便利な環境や情報があるので、適宜調べてみると良いかもしれません。

Seekable Mirror ウェブアプリ版&紹介動画を公開!

先日は Seekable Mirror

f:id:ryota3da:20190519131355j:plain

Maker Faire Kyoto 2019 や Snacks Vol.2 で展示させて頂きました。

体験頂いた皆様、展示協力頂いた方々、ありがとうございます。

 

紹介動画とウェブアプリ版も用意しました。


ウェブアプリは以下から。

https://ryota3da.web.fc2.com/mirror/

f:id:ryota3da:20190519131743p:plain

お使いのスマートフォンタブレット/パソコンで使用いただけます。

(ある程度の端末性能が必要、最新ブラウザでの動作を推奨)

カメラ映像をスクラッチして遊ぶも良し。

自身を回転させてから映像を巻き戻して、後ろ姿を確認することも可能です。

良かったら使ってみてください。

小さなスマホ Palm Phone がイイ!

本日 2019/04/24 発売の Palm Phone (Android搭載の小さなスマートフォン)

を、早速買って軽く使ってみました。

 

f:id:ryota3da:20190424225540j:plain

 

めっちゃ軽くてコンパクトです。片手で端から端まで指が届きます。

このサイズ感は、一周回って新鮮味もありますし、手軽に扱いやすい。

個人的には「これだよ、これ。」って言いたくなる感じです。

 

※大きいスマホでの操作に慣れてると、文字入力が若干しづらいかも。

 ただそれも、そのうち慣れそうな印象です。

 

実際に500円玉と一緒に撮ったものが以下。

f:id:ryota3da:20190424230025j:plain

よくあるクレジットカード等と同じぐらいの大きさです。

 

にも関わらず、そこそこ多機能高性能です。普通にスマホとして使えます。

と言うか、僕が作ったWebアプリ CiirrCUS もヌルヌル動いてビックリした。

f:id:ryota3da:20190424230755j:plain

このサイズとスペックを活かして、何か作りたくなるぐらいの魅力があります。

 

ちなみに公式サイトは以下っぽい。詳細はそちらで。

 

家電量販店などでも売ってますので、興味ある方は是非。

Seekable Mirror 制作展示した&また展示します@MFK2019

先日は Seekable Mirror を制作展示しました。
体験いただいた皆様、ありがとうございました。

 

各自お手持ちのパソコン/スマホタブレットでも
体験できるよう準備検討中ですが、その前に、
5月4,5日の Maker Faire Kyoto 2019 へ展示参加予定です。

 

EyeMapplyも持って行きます。宜しければお越しください!

展示します(2019年4&5月)/スパイダーバースが凄い

こんにちわ、お久しぶりです。一応生きてます。

気付いたら2019年初ブログですね。今年もぼちぼち頑張ります。


近日中に展示予定です

4月13,14日に Snacks Vol.2 @大阪と、

5月4,5日に Maker Faire Kyoto 2019 @京都にて。

 

僕が展示するのは、

鏡とジャンケンして勝つ / Win the mirror by rock-paper-scissors

EyeMapply

の2点を予定してますが、

 

Maker Faire も Snacks も、多くの方が面白い展示を多数されますので、

宜しければ是非お越しください!

 

スパイダーバースが凄かった

最近見た映画の中で、と言う以上に、今まで観た中でも、

クオリティやセンスが圧倒的に凄いと思えるアニメーション映画でした。

子供から大人まで楽しめますし、

特に映像やゲームの仕事している人が驚愕するかもしれません。

良かったら映画館まで是非。

ドラゴンボール超 ブロリー の映画観た/展示ありがとうございました

1. ドラゴンボール超 ブロリー の映画観た

昨日(2018/12/15)は、ドラゴンボールの映画を観てきました。

とにかくエフェクトやカメラワークが逐一カッコイイ!
ストーリーも上手く纏まってましたし、笑いどころもあり良かったです。
一番のオススメはやっぱり戦闘シーン。バトルモノの最高峰でした。

 

下の写真は、おまけ特典。

f:id:ryota3da:20181216144829j:plain

2. 展示ありがとうございました

ホームページやSNSでは事前案内してましたが、
11月下旬から12月上旬まで、幾つか展示させて頂きました。

 

- MA2018 〜 ヒーローズ・リーグ 〜に応募したところ、
CiirrCUSがInteractiveDesign部門でノミネートされて展示。
EyeMapplyFESTA 2018 by MA #festa_2018 - connpassにて展示。

 

工作好きが大阪で集まって展示しているHomeworks 2018ではCiirrCUSを。

 

体験頂いた皆様、ご意見や各種ご対応を頂いた方々、ありがとうございました。
来年もまた何か作って展示したいと思いますので、宜しくお願い致します。

 

ちなみにEyeMapplyCiirrCUSは、
お手持ちのPC/スマートフォンタブレットでも体験可能ですので、
宜しければアクセスして触ってみて頂けましたら幸いです。

f:id:ryota3da:20180501025923j:plain
f:id:ryota3da:20181011231701j:plain